訪問看護きまぐれ日記

訪問看護ステーション管理者の公私混同ブログ

訪問看護師は訪問看護の専門家として一括りにはできない

医師が専門分野を持つように、看護師もさまざまな経験を経て、得意分野を持ち、専門看護師とか認定看護師などに認定され活躍する者も多くなってきた。

私自身も以前は糖尿病看護を専門としていた。

 

それでは、訪問看護師は訪問看護の専門家なのか?

訪問看護の対象となる人々は多様である。

 

褥瘡がある場合は、褥瘡ケアの専門家・・・

認知症がある場合は、認知症ケアの専門家・・・

難病患者には、難病看護の専門家・・・

末期状態にある場合は、ターミナルケア、緩和ケアの専門家・・・

精神に問題がある場合は、精神看護の専門家・・・

障害児には小児看護の専門家・・・

糖尿病がある場合は、糖尿病看護の専門家・・・

数え上げればきりがない。

 

訪問看護師は在宅療養者がいかなる状態であっても、信頼できる専門家であることが求められる。

訪問看護師は訪問看護の専門家として一括りにはできない。